スタッフブログ | 愛知県の清掃総合管理会社。ビル清掃、建物のご相談は、サンライトにお問い合わせください

スタッフブログ

サンライトTOPへ >> スタッフブログ

剥離でスッキリ床もリフレッシュ!

2021年08月01日

先日は定期清掃を行わせて頂いている店舗様から剥離清掃のご依頼を頂き実施致しました!

そもそも剥離をするタイミングと必要性とは…?

ご存知の方もご存じない方も、ここで剥離とはなんぞやのご説明をさせて頂きますね!

 

◆そもそも剥離って?

剥離とは、床を保護するために塗布していた何層ものワックスを剥がす作業のこと。

何年も何回もワックスを塗り重ねていくと、黒ずみが発生したり人が歩くところと隅など人が歩かないところに厚みの差が出てきます。

黒ずみが発生し始めたり、ワックスの差が出始めた頃に剥離をして一度床を無垢の状態にリセットしてあげます。

 

◆剥離をすれば綺麗になる?剥離をするタイミングは?

黒ずみや汚れもスッキリ落ちる剥離ですが、全てを綺麗にするためにはもともと床を保護する役割のワックスがないと成立しません。

机や椅子などの引きずり傷や、ワックスを塗布していない無垢の状態の床では新品のような状態には戻りません。

傷や劣化をしないように、床を保護するワックスを定期的に塗布してメンテナンスをする必要性があります。

2~3か月に1度のペースで定期清掃を行っている場合は、1~2年に1度の剥離がおすすめです。

1年に1~2度のペースで定期清掃を行っている場合は、2~3年に1度の剥離がおすすめです。

少なくても5年に1度は床の保護、美観の為に剥離を実施してあげて下さい!

 

さて、それでは本題に戻りましょう!

 

先日実施した剥離清掃は、店舗様の事務所のお部屋を綺麗にさせて頂きました。

実施前はこんな感じでした。

(剥離剤を塗布する前処理の段階)

10年ほど放置していた為、ワックスもほとんどなく傷が目立つ状態でした。

ここからが私たちの腕の見せ所ですね。

剥離作業は大量の水と時間、そして知識が必要不可欠なものなのです!

 

5時間ほどかけて・・・

 

この通り!

とても綺麗な状態に復活しました!

 

 

最後は無垢の状態になった床にワックスを必要数塗布します。

これで今後も保護できて安心ですね!

 

今回は10年は剥離をしていないという床だった為、傷が目立っています。。。

放置を続ければ続けた分だけ劣化が進み、大掛かりな工事をしなければいけなくなるかもしれませんよ!

ドキッとした方は一度剥離清掃をいうものも検討してみてはいかがですか?

床やガラスが綺麗になると、店内や事務所も明るくなります。

気になられた方は是非一度、女性スタッフも元気いっぱいのサンライトへお問い合わせ下さい(^^)/

一覧に戻る

ページの先頭へ